賃貸物件に取り付けられているエアコンの取扱いについて

エアコンは室内の温度や湿度を調節するための家電製品で、特に夏季に使用する頻度が高いのが特徴です。
低価格化が進んだことで賃貸物件に備え付けられていることも多く、入居したその日からエアコンを使用することが可能になっています。
その一方で、賃貸物件の設備として扱われることから家主の所有物であることを把握することが大切です。
機器に不具合が生じた場合であっても入居者が勝手に修理や買い替えを行う事はできないので、必ず家主に連絡したうえで指示を待つように心がけます。
また、毎日の使用によって汚れが溜まった場合は清掃や消耗品の交換を行う必要がありますが、日常生活の中でのメンテナンスについては家主によって取決めが異なるので入居の際に詳細を確認しておくことがトラブル回避のための心得です。
エアコンは適切に使用することで室内の環境を良好に保つことが出来るので、機器の性能に沿った使用法を遵守することが入居者に求められる社会的なマナーになります。

賃貸アパートで付けたエアコンは買い取ってもらえるか

賃貸アパートに入居すると、部屋には電気もカーテンもついていないのが普通です。
当然、エアコンも自分のものを電気屋さん等に頼んで設置してもらうことになります。
入居者によっては、電気ぐらいは残しておいてくれるといいなと感じることもあるでしょうし、入居した当日の夜になってカーテンがないのは少し困ってしまうこともあるでしょう。
では、なぜ何もない状態で貸出しされるのかというと、カーテンでも電気でも入居者の好みに合わないものであれば捨てられるだけでなく、なんでこんなものを残したのかと大家さんがクレームを受けることになるからです。
そういったことを避けるために、退去時にはすべて取り払っていくことになっているのです。
大家さんに断って設置したエアコンは本来造作買取請求権があって買い取ってもらう交渉ができますが、ほとんどの賃貸アパート契約ではこの権利を封じている特約を付けています。
この特約は法的にも有効ですので、退去時には退去者がエアコンを外していくことになるのです。

注目サイト



Last update:2020/3/4

Menu

『賃貸 エアコン』 最新ツイート

@kuso_kasu_unko

@SAIKOKYU_2sei もうしてないから大丈夫だぜ〜! 1番やらかしたんは賃貸のマンションでエアコンの内部構造が気になり過ぎて全部分解しちゃったことあるぜ〜! ワイルドだろぉ〜

42分前 - 2020年03月31日


@iwaking1013

広い邸宅にはそれなりに長所短所があり、狭い賃貸でも同様にある。現在は庭木の手入れ、草抜き、家のメンテ、税金などが不要。掃除は5分で終わり、エアコンは3分で効く。戸締まりは3カ所。スペースが無いので自動的に終活(嫌いな言葉)は完了し… https://t.co/kxBUHdQ9gi

5時間前 - 2020年03月31日