賃貸物件に取り付けられているエアコンの取扱いについて

エアコンは室内の温度や湿度を調節するための家電製品で、特に夏季に使用する頻度が高いのが特徴です。
低価格化が進んだことで賃貸物件に備え付けられていることも多く、入居したその日からエアコンを使用することが可能になっています。
その一方で、賃貸物件の設備として扱われることから家主の所有物であることを把握することが大切です。
機器に不具合が生じた場合であっても入居者が勝手に修理や買い替えを行う事はできないので、必ず家主に連絡したうえで指示を待つように心がけます。
また、毎日の使用によって汚れが溜まった場合は清掃や消耗品の交換を行う必要がありますが、日常生活の中でのメンテナンスについては家主によって取決めが異なるので入居の際に詳細を確認しておくことがトラブル回避のための心得です。
エアコンは適切に使用することで室内の環境を良好に保つことが出来るので、機器の性能に沿った使用法を遵守することが入居者に求められる社会的なマナーになります。

賃貸アパートで付けたエアコンは買い取ってもらえるか

賃貸アパートに入居すると、部屋には電気もカーテンもついていないのが普通です。
当然、エアコンも自分のものを電気屋さん等に頼んで設置してもらうことになります。
入居者によっては、電気ぐらいは残しておいてくれるといいなと感じることもあるでしょうし、入居した当日の夜になってカーテンがないのは少し困ってしまうこともあるでしょう。
では、なぜ何もない状態で貸出しされるのかというと、カーテンでも電気でも入居者の好みに合わないものであれば捨てられるだけでなく、なんでこんなものを残したのかと大家さんがクレームを受けることになるからです。
そういったことを避けるために、退去時にはすべて取り払っていくことになっているのです。
大家さんに断って設置したエアコンは本来造作買取請求権があって買い取ってもらう交渉ができますが、ほとんどの賃貸アパート契約ではこの権利を封じている特約を付けています。
この特約は法的にも有効ですので、退去時には退去者がエアコンを外していくことになるのです。

注目サイト

胡蝶蘭の販売を調べる

Last update:2018/12/18

Menu

『賃貸 エアコン』 最新ツイート

@rairasariel

たぶん賃貸とかの狭い物件でブレーカー飛んでPC死んだって人は、嫁さんとか同居人の行動に気を付けてなかったんでわ。エアコン暖房+洗濯機動かしながら、ドライヤーもしくは電子レンジ使用は普通の生活であり得るし。

4分前 - 2019年12月09日


@hachizou_mac

普段いる部屋のエアコンが壊れました。賃貸マンションですが、壊れたエアコンは、いつぞやの借主が設置したものらしく、貸主は関与しないものなので、この年末の出費がかさむ時に大打撃です。

1時間前 - 2019年12月09日


@sara_10c

@Fiyremolkot 賃貸なので全部劣化で交換頼んだのが夏…エアコン交換してくれたのが先月…鍵の追加送ってくれたのが昨日… 仕事が!遅くて!!自分でやりだしたw BとかCとか2回路とか片切りとか調べて今日2ヶ所交換してみたらト… https://t.co/8ab8DmYcnv

5時間前 - 2019年12月09日